home >プロジェクト
半蔵門ミュージアム

東京都千代田区 | 2018

外観 
エントランス 
展示室 
大日如来坐像 
ラウンジ 
夜景外観 

本計画は東京の中心にオフィスビルとして建設された建築の下層階をミュージアムに変更、改修するかたちで実現したものです。ミュージアムの展示作品の一番の見所は、天井の高い地下1階展示室の一番奥に鎮座する「大日如来坐像」です。この大日如来坐像を中心とした諸仏を収める神聖な御堂をイメージして計画されています。
また地域のアイコンとして機能させるために、1階部分は透明性が高く、季節のよい時期には全面的に街に開放することもでき、自然と立ち寄りたくなる空間構成にしてあります。2階、3階の外壁は既存上層階の均質的な表現とは一線を画する半透明の和紙張りのようなガラス壁面としています。昼は室内の奥深くまで、柔らかな自然拡散光を行き届かせ、夜は街に行灯の光を放つような品格ある都市景観をつくり出しています。


Map(Google)

外部サイト:半蔵門ミュージアム



栗生明+株式会社栗生総合計画事務所 ウェブサイト
copyright (C) Akira KURYU + A.KURYU ARCHITECT & ASSOCIATES Co.,Ltd. all rights reserved.