home >プロジェクト

信州博覧会
コンストラクション・アート・ミュージアム
CAM

長野県松本市 | 1993

 
エントランス 
西側外観 
中庭 
スリット 
展示室 
夕景 

建設省が関わる事業のPRを目的としたパビリオンであり、土木施設のもつ豪快なスケール感、シンプルで力強い空間構成が意図された。
3mの高さから水が流れ落ちる四面の傾斜壁によって囲まれた中庭空間は、四角い空を切り取り、博覧会場の喧噪を忘れさせる。従来の単に情報を発信するだけのパビリオンから脱却し、人々の発信能力を引き出す空間が目指された。



栗生明+株式会社栗生総合計画事務所 ウェブサイト
copyright (C) Akira KURYU + A.KURYU ARCHITECT & ASSOCIATES Co.,Ltd. all rights reserved.